マネー

【2018年9月】ふるさと納税で還元率が高い?ブラックリスト入りした自治体まとめ

総務省が「ふるさと納税」の現況調査を発表しました。

そのなかで、ふるさと納税の返礼品の還元率が高いため、ブラックリスト(通知リスト)入りした自治体があります。

今回はその通知リスト入りした自治体についてまとめました。(2018年9月の情報のため、改善されている可能性があります)

ふるさと納税がブラックリストってどういうこと?

『ふるさと納税』という言葉を聞いたことはあると思いますが、内容を把握していない方に向けておさらいを。

『ふるさと納税』とは、さまざまな自治体に寄付ができる制度のことです。

控除上限金額内で寄付を行うと、合計寄付金額から2,000円を引いた額について、所得税と住民税から控除・還付を受けることができます。

控除・還付を受けるには確定申告が必要ですが、必要のない給与所得者などであれば、ワンストップ特例制度を利用すると控除・還付を受けることができます。

さらに、この『ふるさと納税』の大きな特徴は、数多くの自治体が地域の名産品やクーポン券などのお礼の品を用意しているというところです。

「どうせ申し込むなら、お得な自治体を選びたい!」という方が多い一方で
「数が多すぎて、どの自治体を選べばいいのかわからない・・・」という方もいるのではないでしょうか。

そんななか、総務省が「ふるさと納税現況調査」を発表しました。

こちらの資料のなかで「返礼割合3割超の返礼品及び地場産品以外の返礼品をいずれも送付している市町村で、平成30年8月までに見返す意向がなく、平成29年度受入額が10億円以上の市町村」のリストが挙げられています。

文章が長くてわかりにくいですが、こちらはふるさと納税を実施している自治体の中で「返礼割合が高いものをブラックリスト化」したものとなっています。

ふるさと納税は返礼割合がわかりにくいので、こちらを参考にすればお得な自治体が一目で分かってしまう!ということですね。

今回は、こちらの資料を参考に、返礼割合の高い自治体を紹介していきます。

人気が高く、すぐに受付終了になってしまう自治体もありますので、気になるところについては早めの申し込みをオススメします。

返戻率が高い自治体1:茨城県境町

茨城県堺町(さかいまち)では『さかい菜の花フェスティバル』や『利根川いかだレース選手権』など、地元の自然を生かしたイベントが豊富に行われています。

また、農業も盛んでトマトとねぎが作られていたり、大規模な道の駅が展開されていたりと活気豊かな街でもあります。

こちらでは11,000円の寄付金でも、さまざまな返礼品が選べるのが魅力です。

どの返礼品も魅力的ですが、なかでも「茨城県のお米4種食べ比べ20kgセット」がお得です。

平成30年度産の
・コシヒカリ(必ず入っています)
・ひとめぼれ
・ゆめひたち
・あさひの夢
・あきたこまち
・ミルキークイーン

のなかから、おまかせで4種類のお米がセットが届きます。

お米(5kg)約2,500円×4種類 = 10,000円
(お米のブランドによって金額が変わってくるので、大体の金額にしています。)

とすると、ほぼ寄付金額と同等になり、返礼割合はかなり大きいことがわかりますね。

さまざまなお米の種類を楽しむことができるので、食べ比べをするのも楽しいと思います。

返戻率が高い自治体2:岐阜県関市

岐阜県関市(せきし)では刃物が有名で、工場見学や刃物検定など一般の方でも楽しめるイベントが豊富であるほか、小瀬鵜飼(おぜうかい)など長い歴史がある文化も持っているのが特徴です。

ふるさと納税の返礼品も、この刃物を利用したものが豊富に用意されています。

そのなかでも、寄付金6,000円でいただける返礼品『新生活応援セット』がお得です。

こちらは日本の糸切りばさみをモチーフにデザインされたハンドルが特徴的な包丁と皮むき器がセットになっており、気軽に関市の刃物のよさを体験することができます。

こちら二つでおよそ2,500円ほどの価格ですので、返礼割合は約3.5割と大き目です。

一人暮らしの方にも使いやすいのでオススメなセットであるといえるでしょう。

★★★2018年度中にふるさと納税を1万円以上納付する人向け★★★
ふるさと納税サイト「ふるさと本舗」で、ふるさと納税をすると、Amazonギフト券がもらえます!
>>>ふるさと本舗

返戻率が高い自治体3:静岡県小山町

静岡県小山町(おやまちょう)は富士山頂のある町で、金太郎生誕の町であることで有名です。

また、豊かな自然にあふれた優しい雰囲気を持っており、東京オリンピック・パラリンピックの自転車競技ロードレースの開催地に決定したりと、勢いも兼ね備えた町の一つでもあります。

こちらのふるさと納税の返礼品は、寄付金額20,000円でいただけるサーティワンアイスクリーム商品券500円×16枚が特に有名です。

サーティワンアイスクリームは全国に多数の店舗があるため、気軽に利用しやすいのが特徴ですね。
返礼割合も4割と大きいため、毎年すぐに受付終了になるほど人気です。

『サーティワンアイスクリーム商品券を狙いたい!』という方は、受付開始すぐに申し込みできるよう情報を早めに取得しておく必要があります。

また、小山町の返礼品は富士高原ゴルフコースプレー利用券や、お菓子の詰め合わせなど個性豊かなものが多いのも大きな特長です。

ほかにも返礼割合が大きいものもありますので、注目しておいて損はない自治体であること間違いなしでしょう。

返戻率が高い自治体4:滋賀県近江八幡市

滋賀県近江八幡市(おうみはちまんし)は織田信長が天下統一を夢見た地域として有名で、安土城や長年の歴史が残る旧市街など見所豊富な場所としても有名です。

そんな近江八幡市の名産品といえば、近江牛です。
日本三大和牛の一つとしても有名で、とろけるような舌触りが特徴的なお肉です。

こちらのふるさと納税では近江牛を返礼品にしたものが多くあり、なかでも20,000円の寄付金でいただける『4等級以上の未経産牝牛限定肩ロース500g』がおすすめです。

同様の近江牛肩ロース500gが約10,000円で販売されていますので、返礼割合はおよそ5割になります。

また、こちらの自治体は2018年11月1日から総務省通知に伴い、返礼割合を3割に引き下げることが決定しています。

気になっている方は早めに申し込みを行うようにしましょう。

返戻率が高い自治体5:大阪府泉佐野市

大阪府泉佐野市(いずみさのし)では犬鳴山があり、温泉やハイキングコースなど自然たっぷりな場所として知られています。

また泉州特産の水なすを使った料理も豊富で、中でも水なすと泉佐野漁港で水揚げされたエビジャコを煮た家庭料理の『じゃこごうこ』をはじめ、穴子の天ぷらや泉ダコ・シャコの塩ゆでなど多くの郷土料理も有名です。

そんな泉佐野市のふるさと納税ですが、お肉からデザート、果物までとさまざまな返礼品があるのも特徴です。

また、地域の名産品として『泉州タオル』が取り上げられているのも魅力的です。

『泉州タオルは』大変肌触りが良く、赤ちゃんにも気持ちよく使ってもらうことができる一品です。

泉佐野市の返礼品のなかでも、とくに話題になっているのが、寄付金額10,000円でいただける『アサヒスーパードライ350ml×1ケース(24本)』。

こちらは通常購入すると5,000円前後するので、返礼割合はおよそ5割とかなり大きな返礼品となります。

ビールは家庭で飲むという方も多いので、利用しやすい返礼品だといえますね。

もちろん、毎年大人気のものになりますので、申し込みを考えている方は早めに申し込みを行うようにしましょう。

返戻率が高い自治体6:福岡県宗像市

福岡県宗像市(むなかたし)では、大島・地島といった自然に囲まれた島や世界遺産に登録された宗像大社など見どころ豊富な場所として有名です。

また食べ物の種類も豊富で、宗像市の観光ガイドのサイトには『宗像ランチマップ』というお店のガイドも用意されています。

そんな宗像市のふるさと納税は、地場産品以外の返礼品として「ブルガリア産のワイン」と「はちみつ」を採用している珍しい地域でもあります。

この理由は、宗像市がブルガリアのカザンラック市と友好都市協定(パートナーシップ協定)を結んでいることからきています。

このように、海外との交流も盛んな地域であることがうかがえますね。

さて、ふるさと納税の返礼品でとくに人気があるのが、寄付金10,000円でいただける、地元ならではの『無着色辛子明太子450g樽入り』のようです。

こちらは約4,500円ほどの価格に値するため、返礼割合はおよそ4.5割と大きい返礼品であるといえます。

普段は辛子明太子を食べる機会がないという方でも、親しみやすさを感じられる素敵な一品だと思います。

ふるさと納税で還元率が高い商品がなくなってしまった・・・

今回紹介したふるさと納税の還元率が高い商品は、総務省から改善するように言われてしまっているため、既になくなっているものもあります。

今後、改善されない場合は、ふるさと納税の対象自治体から外すことも検討されているようです・・・(泣)

還元率が高い商品がなくなっていた・・・という場合でも、お得に納税できるサイトがありました!

それは、ふるさと納税ができる「ふるさと本舗」。

ふるさと本舗では、リリース記念でWキャンペーンを実施しています!

ふるさと本舗

・Amazonギフト券が最大1,000円(2018年中に寄付することが条件)

・さらに抽選で人気の家電「BALMUDA」

Amazonギフト券は、2018年度中に寄付すれば(1万円~)必ずもらえるので、かなりお得です!
>>>ふるさと本舗はこちら

返戻率が高いふるさと納税:まとめ

今回は、ふるさと納税の返礼割合が高い地域をまとめました。

上記で紹介した地域は人気度も高いので、早期に受付終了になることも多いです。

気になるものがあれば、早めに申し込みをするようにしましょう。

>>>関連記事:「みんなの優待」はレジャーやギフト券などで割引されるよ!
>>>関連記事:タクシーアプリでおすすめ「0円タクシー」で無料。サンプルまでもらえる!タクシーアプリでおすすめ「0円タクシー」で無料。サンプルまでもらえる!
>>>関連記事:ルピシア福袋、2018年の中身を紹介

ABOUT ME
トクコ
お得な情報が大好きなトクコです。 新商品やお店などを紹介します♪